横浜市認定保育室 特定非営利活動法人 大倉山 つばき駅前保育園
横浜・東横線の大倉山駅の保育園 つばき駅前保育園
横浜・東横線の大倉山駅の保育園 保育園の紹介
横浜・東横線の大倉山駅の保育園 保育の理念
横浜・東横線の大倉山駅の保育園 保育計画
横浜・東横線の大倉山駅の保育園 保育園の場所
横浜・東横線の大倉山駅の保育園 保育料
横浜・東横線の大倉山駅の保育園 ご意見ご要望は
横浜市港北区・東横線・大倉山駅の保育園 フォトアルバム
横浜・東横線の大倉山駅の保育園 トップページ

一時保育もご利用下さい
横浜市港北区・東横線・大倉山駅の保育園 リンク

クマさん魚釣り
  保育の理念
 
  特定非営利活動法人つばき駅前保育園は、児童福祉法に基づき『保育に欠ける」乳幼児 の保育を行なうが、保育にあたっては子どもの人権や主体性を尊重し、児童の最善の幸福の為 に保護者や地域社会と協力し合って、児童の福祉を積極的に増進していく。 なお、児童の福祉を積極的に進めるために職員は、豊かな愛情をもって接し、児童の処遇向 上のため知識の習得と技術の向上に努める。
保育の基本方針  
  保育の基本方針は「保育所保育指針」に基づき、職員が保育に臨む基本姿勢にあっては、 子どもや家庭に対してわけへだてなく保育を行ない、人権を尊重しプライバシーを保護することを第一とする。また、常に児童の最善の幸福を願うために、保護者から意見や要望があれば真剣 に耳を傾け、よりよい保育のために努力することを基本とする。

1.子どもの健康と安全を基本として、保護者の協力のもとに家庭養育の補完を行う。
2.子どもが健康安全で情緒の安定した生活ができる環境を用意し、自己を十分に発揮しながら活動できるようにすることにより、健全な心身の発達を図る。
3.豊かな人間性をもった子どもを育成する。
4.保育に関する意見や要望・相談に対して、わかりやすく説明をし、保育園としての社会的責任を果たす。
保育の目標  
  《さまざまな生活体験を通して社会を学ぶ》
《みんなの中にいることを喜び、友達のことも考えられるやさしい心を育てる》
《豊かな感性を引き出し、表現できる力を育てます》
《あそびを通して、生きていく力をしっかり身につける》
《自分の要求や意見を主張(表現)できる力を育てる》
保育の特徴  
  ◆天気の良い日には、戸外や屋上遊技場で、遊びを通して「体力」「持久力」「筋力」をつけていきます。もちろん園児一人ひとりの発達や興味に応じて、達成感を味わえるように配慮し、取り組んでいきます。
◆基本的生活習慣がしっかりと身につくよう、日々の活動に重点をおき、園児の自主性を尊重していきます。その為、年間の行事は「園児とともに楽しい時間を共有する」といった目的で行なっていきます。
◆また家庭支援の一環として、「育児相談」や「各種講座」の開催も予定しています。
   
   
ページのトップへ ▲
 
Copyright© 2005 Tsubaki Ekimae Hoikuen Japan All Rights Reserved.